☆彡レーシックの前には適性検査

レーシック手術をするかどうか決定するために、レーシック手術前には適性検査が実施されることとなります。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。レーシックの適性検査におきましては角膜の状態、近視や乱視や遠視の有無、そして眼球の硬さ・視力・涙の量などといったことを検査していきます。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。 思い切ってレーシックをしてみようと思ってもなかなかそれを実行に移すのは悩むことだと思います。
まずはレーシック口コミサイトや情報サイトなどを確認してレーシックについての知識をしっかりと理解しておきましょう。
適性検査を実施する時に注意をしなければいけないこととしましては、ソフトレンズコンタクトは1週間前、そしてハードレンズコンタクトは2週間前から着用を中止するということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。

 

 

二世帯住宅 目黒区ナビ
http://www.hiyamakenkou.com/
二世帯住宅 目黒区の専門です



☆彡レーシックの前には適性検査ブログ:19-09-17

減量というのは非常にシンプルです。
「食生活を適切なものにして、適度な体操をする」ことです。

しかし「言うは易し、行うは難し」で、
なかなか実行するのは難しいんですよね!

仲間からお誘いがあれば、飲み会に付き合うことも必要ですし、
何かスケジュールが入れば、毎日の体操も難しい…

別に、減量中だからといっても、
毎日ストイックな生活が必要だというわけではありません。
時には息抜きも必要でしょうし、
減量第一の生活なんて、味気ないもんです!

しかし、
減量にとって良くないことをすれば反省も必要です。

そこでわたしは、
「日記」をつけるようにしています。

日記には、自分がその日何を食べ、
体操したなら、
どのような体操をしたかということを書き留めています。

すると、ふとした時に日記を振りかえることができます。
「ああ、この日わたしはこんなに食べてたんだ」
「ちょっと今週は体操していないなぁ、来週は体操をしよう」

このように日記をつけることで、
未来への改善点や注意しなければならないことが見えてきます。

必ず毎日書き留める必要はありません。
気がついたとき、暇を見つけて
メモしておくことでも十分効果はあるはずですよ!

「毎日やらなければならない」
という意識が強すぎると、長続きしなくなることがあります。
これは、日記にしても減量にしても同じことです。

あまりにこういった意識が強くなってしまうと、
一度スルーしてしまったときに、ものすごく自己嫌悪に陥ります。
むしろ、長期間続けることこそが
減量にとっては大事なことなんですよね。