☆彡レーシックでのリスクを理解しておこう

レーシック手術のリスクについて最も多く寄せられることというのが、「失明をしてしまうリスク」なのではないでしょうか?
レーシックは角膜の手術なので眼球内部は触れることは無いので、失明の心配はほとんど無いと言えるでしょう。レーシックで注意をしなければいけないこととしまして、レーシック専門のクリニックの先生に実施してもらうことです。
レーシック自体は安全なのですが、医師が能力不足だった場合感染症や合併症などのリスクが高まってきてしまいます。 メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。
まず最初は、豊富な経験や実績を持っているクリニックと医師を探すようにしましょう。
経験豊富な医師の手によってレーシックを受けた場合には、失明するリスクはほとんど無いと言えます。

 

 



☆彡レーシックでのリスクを理解しておこうブログ:19-04-01

減量をする場合、
確実に必要となるのがご飯制限。

それは、
ご飯制限によって
摂取カロリーを抑える必要があるからです。

しかし減量を行う多くの人は、
ご飯制限を正しく理解していないようです。

ご飯制限とは
「食べない」ではなく
「食べる量を減らす」のが正しい考え方なんです。

間違ったご飯制限で一番多いのが、
ご飯回数を減らすことです。
これは一番やってはいけない
減量のやり方です。

1日2食や1日1食など、
知識のないご飯制限が行き着く先は
「減量失敗」しかありません。

極端なご飯制限でも、
確かに摂取カロリーを抑えることができるのですが、
同時に筋肉量も消費させてしまい…

筋肉量が少なくなれば基礎代謝が低下し、
脂肪を燃焼しにくい体質となってしまいます。

結果的に
体重は落ちても脂肪は落ちていない…

筋肉量が低下して体重が減っているので、
引き締まった体質にならないのです。

だから体重が減っても、
腹の脂肪はしっかりと残っているのです。

正しいご飯制限とは
「食べる量をコントロールする」こと。

必要なカロリー量はしっかりと食べ、
それ以上はカロリーを摂らないようにすることです。

なので、
1日3食は絶対に食べるようにしましょう!

これは減量の基本であり
健康を保つためにも重要なことです。

そしてカロリー量は、
その3食分のカロリー量を調整することがポイントとなるのです。

そうすることで、
体質に必要なエネルギーを確保し、筋肉量を落とさず、
体脂肪が燃焼しやすい体質をつくっていくことができるのです。