☆彡レーシックでのリスクを理解しておこう

レーシック手術のリスクについて最も多く寄せられることというのが、「失明をしてしまうリスク」なのではないでしょうか?
レーシックは角膜の手術なので眼球内部は触れることは無いので、失明の心配はほとんど無いと言えるでしょう。レーシックで注意をしなければいけないこととしまして、レーシック専門のクリニックの先生に実施してもらうことです。
レーシック自体は安全なのですが、医師が能力不足だった場合感染症や合併症などのリスクが高まってきてしまいます。 メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。
まず最初は、豊富な経験や実績を持っているクリニックと医師を探すようにしましょう。
経験豊富な医師の手によってレーシックを受けた場合には、失明するリスクはほとんど無いと言えます。

 

 



☆彡レーシックでのリスクを理解しておこうブログ:19-08-13

最近は、減量でメタボ対策をして、
健康増進をはかることが重視されていますが…

でも、世の中の全ての人が減量を
しなければいけないわけではありませんよね。

体重が増えてきたから…ということで、
減量すべきかどうかを決める人は多いのですが、
本当に注目すべきなのは、体脂肪率なんです。

体脂肪率に問題があっても、
体重は、標準範囲内という方も少なくありません。

重さだけを見ると、筋肉よりも軽いのが脂肪です。

減量のために、食事量を減らし、結果が出たという人がいても、
それは筋肉が脂肪に変わっただけで、
見た目の体重が減少しただけというケースもあるのです。

それでは、健康面にも不安がありますし、
減量にもなっていません。

逆に、相撲の力士はとても太っていますが、
中には、筋肉質な力士もいますよね。
その場合は、体脂肪率が低く、肥満ではないので、
あえて減量する必要はないわけです。

ですから、体重も目安にはなりますが、
健康になるための減量でポイントとなるのは、体脂肪率なのです。
健康的に減量をするには、
余分な脂肪を燃焼させることを考えなければいけないんです。

だから、健康的な減量のためには運動は欠かせません。
ただ、急激な運動は体質に負担をかけるので、
減量には不向きですよ!

あくまでも自分のペースで、
長い期間コツコツ運動を続けていくことが、
健康的な減量につながります。

減量のためにストレスが蓄積されないようにすることも、
健康維持では重要です。
減量を共に取り組める友達がいるといいでしょう。