☆彡矯正された視力の維持は保証出来ない

☆彡矯正された視力の維持は保証出来ない


☆彡矯正された視力の維持は保証出来ない
レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。 レーシックについての口コミサイトが最近多くなってきましたが、これはまさに必見の情報サイトと言えるでしょう。
ただし中には悪質なレーシッククリニックへの誘導サイトも存在しているので注意が必要です。
今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。




☆彡矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:19-03-20

(○・∀-)ノ【゚・*:.。. ☆コンチャ☆

減量中は、
おかしは控えた方が良い!
というのは、わかっているんですが、
なかなか我慢できませんよねぇ~?

で、ぼくは考えてみました…

「おかしを食べたーい!」という人の頭の中は
「おかし」→「美味しい」→「幸せ」
というイメージの連鎖ができていますよね。

だから、腹が空いていなくても、
おかしのパッケージを見たり、イメージするだけで、
甘い味や匂いや食感を思い出して
食べたくなってしまい、ついつい手が出てしまうのです。

実際、
おかしを食べている時には
確かに美味しくて、
一時的に幸せな気分になるかもしれません。

しかし実際には、
食べ終わった後から、後悔と罪悪感が始まりませんか?

そうやって食べられた食物は、
ストレスとなってエネルギーとして発散されにくく、
その結果、脂肪になりやすくなるみたいですよ!

これって全然幸せなことじゃないですよね?

つまり
「おかし」→「美味しい」→「幸せ」
ではなく
「おかし」→「罪悪感」→「脂肪」→「不幸」
なのです!

だから、
おかしのパッケージを見ながら、
食べてしまって後悔したことを思い出し、
そのイメージが常に思い出されるようになるまで、
何度も反復してイメージすれば良いと思うんです。

太っている自分の腹を写真に撮るなんていうのも、
効果的かも…

何度も何度もおかしのパッケージを見たあとで、
後悔した思いや太った写真を見て、
「おかし」→「不幸」
というイメージを徹底的に焼きつけるのです。

そうすれば、
おかしのパッケージを見ても、美味しそうな匂いを嗅いでも、
「もうあんな思いするのは嫌だ!」と思って
手が出なくなるんじゃないでしょうか?

☆彡矯正された視力の維持は保証出来ない

☆彡矯正された視力の維持は保証出来ない

★メニュー

☆彡最新老眼治療のモノビジョンレーシック
☆彡矯正された視力の維持は保証出来ない
☆彡保証制度の有無を確認しよう
☆彡紹介制度を採用しているレーシッククリニック
☆彡レーシックでのリスクを理解しておこう
☆彡口コミサイトを活用してクリニック選び
☆彡交通費を補助してくれるクリニック
☆彡レーシックの前には適性検査
☆彡レーシックで乱視の治療も可能
☆彡ドライアイとレーシックの関連性


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)コンタクトよりも裸眼生活のレーシック