コンタクトよりも裸眼生活のレーシック

コンタクトよりも裸眼生活のレーシック

見逃すことの出来ない最新のレーシック手術情報をお届けしています。
《コンタクトよりも裸眼生活のレーシック》のサイドメニューにまずはご注目ください。オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。

 

少し前まで手術をすることで視力を回復させることが出来る安全な方法は確立していませんでしたが、今ではそれが出来るのです。
しかも安全性も年々高まったきており、日本全国多くのクリニックで安心してレーシック手術を受けることが出来ます。




コンタクトよりも裸眼生活のレーシックブログ:19-09-19
1日の終わりに入るお風呂は、
疲れたからだと心をリラックス&リフレッシュさせる大切な時間です。
それは、健康の面からも理にかなっています。

入浴後、からだは温まっています。
やがてからだが冷え始めると、眠くなってきます。
からだは、冷え始めると眠気を覚える仕組みになっているのです。

入浴は、単にからだを清潔にするだけではなく、
睡眠につながるという、大きな利点があります。
快眠のためにも、1日の終わりの入浴は良いことなんですね。

しかし最近は、
6時シャワーや6時風呂派がかなり増えてきました。
6時風呂は「余裕のある人」という感じで悪くないですよね?

しかし6時風呂派は
「6時に入るからいいや」と、
22時に疲れて帰宅した後、そのままベッドに直行、
というパターンが多く見られます。

そんな6時風呂派は、22時風呂派のように質の高い睡眠が
得にくくなってしまうんですよね。

ボーッとした頭をシャキッとさせる6時風呂が、
これではなんだか悪循環ではないでしょうか。

さらに6時風呂では、
お風呂の持つリラックス&リフレッシュの効果が
アダになってしまいます。

6時風呂でからだが温まるだけならいいのですが、
脳も運動機能も反射神経もスイッチオフされてしまいます。
これは、自律神経の副交感神経が優位に働く
からだのメカニズムによるものです。

これから1日の活動が始まるというのに、
からだをくつろぎモードに入れてしまうのは
どうなのでしょうか?

また、6時風呂は、
自律神経のリズムを乱してしまいがち…
6時にお風呂に入ったり入らなかったりという
不規則な生活パターンも同様で、
自律神経の不調を招きやすくなりますよ!


コンタクトよりも裸眼生活のレーシック モバイルはこちら